CT

小動物血液透過装置(NCU-A)について

スリップリングCTとは

スリップリングCTとは、X線とコンピュータを用いた画像診断装置です。
管球が360度回転する中を寝台が通過することにより、らせん状に撮影できるため、
どの位置からでも画像が切り出しできます。
全身の検査が短時間で行えます。
造影剤を注入することで、コントラストを付け、腫瘍などの異常部位を検査することも可能です。
場合により鎮静、麻酔が必要となります。

有用な疾患

脳内病変(水頭症、脳炎、脳腫瘍)鼻腔内病変、肺疾患、肝臓腫瘍、肝臓疾患、膀胱疾患、関節脱臼、骨折、椎間板ヘルニア、転移の有無、異物の有無)